logo

お問合せ窓口

【診療時間】平日/9:00~17:00 【休診日】土・日・祝

大阪府がん診療拠点病院

緩和ケア

緩和ケアとは

 日本では現在3人にひとりはがんで亡くなっています。がんは私たちに身近な病気となりました。

 がん患者さんの多くはがんの痛みや抗がん剤治療に伴う副作用などの身体な痛みのほかに、落ち込みや悲しみなどの精神的な痛みを経験します。がんに伴う様々な痛みを緩和することができれば今までどおりの生活を継続することも可能です。どなたでもがんと診断されたそのときから、治療を継続しながら緩和ケアを受けることができます。もしあなたや大切なご家族ががんの痛みで悩んでいたら、「緩和ケア」を是非選択してください。

緩和ケア外来について

千船病院では緩和ケア外来「がんの療養と痛みの相談室」を開設いたします。対象は当院の外来に通院されているがん患者さまです。入院中の患者さまは当院の緩和ケアチームが介入しています。詳しくは担当医、病棟看護師までお問い合わせください。緩和ケア外来では以下のことについてご相談が可能です。

  • 緩和ケアってどんなケアのことなのか知りたい
  • 痛み止めを使用しているけれど効果がみられない、また使い方がわからない
  • 薬の副作用で悩んでいる
  • 抗がん剤の副作用が辛くて、今後継続していけるか不安
  • 夜間の睡眠が十分にとれていない
  • 体がだるい
  • 手や足がむくんで辛い
  • 気分の落ち込みがある
  • できるだけ入院せずに在宅療養がしたい
  • ホスピスや緩和ケア病棟に入院したい
  • 千船病院で入院中に緩和ケアチームが介入していて、引き続き外来でもみてほしい
など、その他にがんに伴うこころとからだの痛みがあればご相談ください。



外来時間
毎週木曜日 10時~12時の30分枠(完全予約制)
場所
千船病院入院棟 1階21番
予約方法
現在かかりつけの千船病院外来担当医へ「がんの療養と痛みの相談室」を受診したい旨を伝えていただき、予約をお取りください。
担当
こころとからだの痛みについては緩和ケア担当医の大桒 久弥(おおくわ ひさや)と、緩和ケア認定看護師岩本 真由子(いわもと まゆこ)、化学療法認定看護師 泉 純子(いずみ じゅんこ)が担当いたします。在宅療養やホスピス、緩和ケア病棟に関するご相談については、ソーシャルワーカーが担当いたします。なお、相談室では投薬や検査、処置などの医療行為や当院で行なっている治療以外の民間療法などに関する相談は行なっておりませんのでご了承ください。