平成27年度 千船病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1680 176 781 1365 707 547 892 1191 1136 289
【年齢階級別退院患者数とは】
平成27年度退院患者を入院時年齢で集計し、10歳刻みで表示しています。100歳以上は「90~」に含まれます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)手術なし 手術・処置等2なし 25 13.16 14.34 0.00% 65.64
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 21 16.95 15.00 38.10% 77.05
040040xx9907xx 肺の悪性腫瘍手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-7あり 12.92
呼吸器内科の入院では肺炎の患者さんが最も多く、次いで肺癌の患者さんが多くなっています。肺炎の中には高齢や喘息、COPDを基礎疾患に持つ患者さんが多く、肺炎に対する抗菌剤治療に加えて、早期にリハビリテーションも開始し、スムーズに自宅へ退院出来るように心掛けています。肺癌の患者さんには診断・治療および緩和ケアに至るまで幅広く対応しております。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 57 11.46 10.93 5.26% 72.60
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎手術・処置等2なし 42 6.52 5.50 0.00% 49.29
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患手術なし 28 10.14 7.91 3.57% 52.00
消化器内科の診療において入院加療を必要とする疾患で最も多いのは胆道疾患です。胆管結石による胆管炎や胆管結石性膵炎などに対して、CT検査・MRI検査および内視鏡検査を行い診断・治療しています。次に多いのは絶食・点滴加療を必要とする急性腸炎および結腸憩室炎といった炎症性疾患です。高度の嘔吐・下痢・腹痛のため経口摂取ができない場合や絶食による腸管安静が必要な場合に入院加療を行っています。いずれの疾患も緊急入院が必要となる症例であり、消化器科として救急対応に積極的に取り組んでいる結果を示すものとなっています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 113 3.07 3.07 0.88% 71.35
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2なし 74 3.76 4.87 1.35% 69.69
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)手術なし 手術・処置等2なし 70 13.39 14.34 4.29% 77.54
循環器内科では、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、心臓弁膜症、不整脈、閉塞性動脈硬化症、高血圧、心不全などの診療にあたっています。なかでも心臓カテーテル検査、心血管インターベンションに力を入れています。高齢化とともに動脈硬化の進展による虚血性心疾患や閉塞性動脈硬化症の患者さんが増加してきており、こういった基礎疾患に心不全を合併して救急入院される患者さんもしばしばおられます。薬物治療で心不全が落ち着いてから必要に応じてカテーテル検査をお勧めし、安心して退院後の生活が送れるようサポートしています。さらに高齢者の肺炎では心不全を伴うケースも珍しくなく、循環器内科が積極的に治療に介入しています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 672 4.36 6.17 0.60% 0.00
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満)手術・処置等2なし 189 4.92 5.72 0.53% 2.25
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満)手術なし 手術・処置等2なし 150 12.86 11.59 0.67% 0.00
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx03xx0x 虫垂炎虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 副傷病なし 36 5.00 5.56 0.00% 33.25
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 16 15.44 17.41 0.00% 73.56
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 16 7.25 7.84 0.00% 54.25
外科で最も多い手術はそけいヘルニアですが現在は短期滞在手術基本料に振り分けられるためDPC分類では虫垂炎が最も多い症例となります。当院では手術症例全体に占める救急疾患の割合が多いため、ここでは上がっていませんが膿瘍形成を伴う虫垂炎も多いことや、腹腔鏡下での胆嚢摘出術の中でもDPC分類では胆嚢炎症例が多くなっているのが特徴的であると言えます。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折人工骨頭挿入術 肩、股等 139 26.06 28.70 55.40% 82.55
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。)人工関節再置換術等 53 27.17 27.21 1.89% 72.06
160760xx97xx0x 前腕の骨折手術あり 副傷病なし 44 3.02 5.70 0.00% 48.07
救急搬送患者及び、周辺医療機関よりの紹介による骨折患者への対応、そして関節センターを主体とした関節疾患患者の入院が当科入院患者の多くを占めています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 7.41 10.02 3.70% 78.30
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 16.28 15.80 48.00% 78.52
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 6.47 7.52 5.26% 68.68
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常子宮全摘術等 205 7.51 9.94 0.00% 32.98
120170xx99x0xx 早産、切迫早産手術なし 手術・処置等2なし 151 19.40 20.87 3.31% 31.62
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 93 7.48 6.34 0.00% 43.96
子宮筋腫など婦人科良性疾患の症例を多数取り扱っており、開腹ならびに腹腔鏡下に手術を施行しております。また当院は大阪府の周産期医療システムでの基幹病院の一つとして機能しており、周辺医療機関からの母体搬送を多く受け入れ、新生児専門医との協力により多数のハイリスク早産症例に対応しております。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030390xx99xxxx 顔面神経障害手術なし 27 8.70 9.79 0.00% 60.85
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎手術なし 21 6.86 5.53 4.76% 42.10
030428xxxxxxxx 突発性難聴 16 8.44 9.60 0.00% 57.00
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 65 10.52 5.91 10.77% 63.31
11012xxx040x0x 上部尿路疾患体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 副傷病なし 33 4.27 2.89 0.00% 53.48
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患その他の手術あり 副傷病なし 29 8.31 6.90 6.90% 70.34
経尿道的尿管ステント留置術は尿管狭窄から水腎症をきたしている場合に腎盂から膀胱にかけて細い管を留置することで腎機能を守る治療です。結石が尿管に嵌頓すると水腎症になりなす。この状態に急性腎盂腎炎を併発した時には緊急で行なわなければならない治療です。ステントを留置することで尿流が改善し急性腎盂腎炎から敗血症になることを予防できます。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 60 15.95 13.64 1.67% 71.85
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症手術なし 35 15.97 12.60 2.86% 69.60
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)手術なし 手術・処置等2なし 27 14.19 14.34 3.70% 72.22
1番目が慢性腎炎で、腎炎を診断するための腎生検目的は1週間以内ですが、治療の場合は長期入院となります。慢性腎不全の治療もここに含まれています。
2番目、3番目は腎尿路感染、呼吸器感染で、特に腎機能低下例を腎臓内科にて受け持っています。
糖尿病内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 108 16.23 15.35 1.85% 66.16
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 45 22.98 21.69 15.56% 81.67
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)手術なし 手術・処置等2なし 37 18.30 14.34 5.41% 69.32
脳卒中内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 20.45 15.80 50.00% 69.35
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 12 18.33 18.08 41.67% 68.67
030400xx99xxxx 前庭機能障害手術なし 5.31
千船病院脳卒中内科で取り扱った症例で最も多かったのが「脳梗塞」でした。嚥下障害を合併する脳梗塞例が多く、胃瘻増設や中心静脈管理などの処置が必要になるケースもありました。平均在院日数は全国平均よりやや長くなっていました。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 24 5 14 23 1 7
大腸癌 11 12 20 11 13 1 7
乳癌 12 1 7
肺癌 32 1 7
肝癌 10 13 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【Stageとは】
がんの進行と広がりの程度をあらわしています。
がんのステージは0~Ⅳまであり、ステージⅣが最も進行しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 28 9.32 49.04
重症度 1 50 14.32 75.54
重症度 2 44 15.45 80.32
重症度 3 18 25.89 81.22
重症度 4
重症度 5
不明
【市中肺炎とは】
普段の生活の中で罹患した肺炎のことです。

【市中肺炎の重症度とは】
市中肺炎ガイドラインでは年齢、脱水状態、動脈血酸素飽和度、意識障害、収縮期血圧により、重症度を分類しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 11 5.55 68.55 0.00%
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 84 22.95 74.30 45.24%
その他 35 15.71 73.23 43.29%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
【ICD10とは】
死因や疾病を分類するための国際的な分類コードです。死因統計や医療機関における診療記録の管理などに活用されています。

【発症日からの日数とは】
脳梗塞は急性か亜急性かで治療内容が異なるため、「3日以内」と「その他」で集計しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 45 1.96 23.33 6.67% 76.84
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 37 3.22 3.32 0.00% 71.00
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 37 3.65 14.59 2.70% 70.89
消化器内科が施行している手術の中では胆道疾患に対する内視鏡処置が最も多くなっています。特に悪性胆道疾患に対する減黄・ドレナージ(排膿)術が多く、外科的根治術ができない方や高齢・抗凝固療法中にて切開処置ができない方に対して、少しでも侵襲が少なくなるような処置を行っています。消化管腫瘍に対しては、腫瘍や患者さまの状態により外来での内視鏡切除が不可能な場合は入院での内視鏡的切除を行っています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 73 2.64 2.88 2.74% 71.14
K596 体外ペースメーキング術 13 3.08 2.69 0.00% 66.62
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの 13 0.00 13.08 0.00% 68.92
当院循環器内科では、橈骨動脈アプローチ(手首のところからカテーテルを挿入する方法)でカテーテル治療を行うことが多く、患者さんの身体的負担の軽減や入院期間の短縮に繋がっています。経皮的冠動脈ステント留置術では薬剤溶出性ステントを用いることが多く、再狭窄が少なく良好な治療効果を上げています。急性心筋梗塞症例には24時間対応で緊急カテーテル治療を行っています。また、徐脈性不整脈でペースメーカー植込みが必要な症例も積極的に受け入れています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの 82 0.04 50.26 10.98% 0.00
K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの 10 0.30 3.10 0.00% 1.40
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 45 0.91 2.47 0.00% 68.42
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 37 2.16 4.57 0.00% 55.73
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 24 0.25 4.00 0.00% 30.04
Kコードではご覧のとおり、そけいヘルニア、腹腔鏡下胆嚢摘出術、虫垂切除術が上位3術式となります。腹腔鏡下胆嚢摘出術では胆嚢炎症例が多いため術前の入院日数が長くなっていますが、すべての疾患において全国平均より在院日数は短く、的確な手術、きめ細や術後管理が行われた結果の在院日数の短縮と考えております。今後もこの姿勢で手術、診療に当たりたいと考えております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 114 1.65 18.89 41.23% 79.93
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 75 1.31 25.24 4.00% 70.04
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 61 1.34 3.43 3.28% 62.26
平成27年度は、総手術件数680件で、前年比+105件、5年前と比較して+210件と増加しています。これは関節センターが徐々に認知されるようになり、又、周辺医療機関よりの紹介患者数増加、救急搬送患者数増加によるものです。又、人工股関節・人工膝関節の手術ではNavigationを使用し、正確な位置への人工関節の設置を心がけています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 22 0.50 9.00 9.09% 78.55
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 12 7.92 14.08 33.33% 71.17
K1742 水頭症手術(シャント手術)
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 208 2.14 6.54 0.48% 33.18
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 185 3.49 5.44 1.08% 33.60
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 95 1.02 5.82 0.00% 48.81
当院は大阪府の周産期医療システムでの基幹病院の一つとして機能しており、周辺医療機関からの母体搬送を多く受け入れ、前置胎盤や常位胎盤早期剥離、早産の時期の前期破水など、多数のハイリスク症例に対応しており、年間200例の緊急帝王切開を含む合計およそ400例の帝王切開を行っております。また、子宮筋腫に対する手術に際しては、可能な限り開腹手術創を残さない術式を選択することを信条とした治療を行っており、ほとんどの場合、腹腔鏡下に手術を施行しております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 49 0.02 0.98 0.00% 78.24
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 13 1.85 6.31 0.00% 19.23
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)
K368 扁桃周囲膿瘍切開術
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 70 0.94 8.43 2.86% 73.53
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 42 3.10 9.50 16.67% 67.50
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 31 0.16 2.81 0.00% 53.13
経尿道的尿管ステント留置術は尿管狭窄から水腎症をきたしている場合に腎盂から膀胱にかけて細い管を留置することで腎機能を守る治療です。結石が尿管に嵌頓すると水腎症になりなす。この状態に急性腎盂腎炎を併発した時には緊急で行なわなければならない治療です。ステントを留置することで尿流が改善し急性腎盂腎炎から敗血症になることを予防できます。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 45 0.48%
180010 敗血症 同一 18 0.19%
異なる 25 0.27%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 46 0.49%
異なる 21 0.23%
【入院契機とは】
入院のきっかけとなった傷病名のことです。
DPCコードは「最も医療資源を投入した傷病名」にて決定されますが、入院契機病名と「同一」か「異なる」かで分けて発生率を表示しています。
更新履歴
2016/09/20
平成27年度DPCデータによる病院指標 公開
2016/11/08
診断群分類別患者数等、診療科別主要手術別患者数等 コメント追加