logo

お問合せ窓口

【診療時間】平日/9:00~17:00 【休診日】土・日・祝

ダヴィンチXiサージカルシステム・連動手術台 導入

ダヴィンチXiサージカルシステム・連動手術台 導入

低侵襲手術支援ロボット ダヴィンチXiサージカルシステムとは?

低侵襲ロボット支援手術は患者様の負担が少ない腹腔鏡手術と同じようにいくつかの小さな切開部を作り、医師の操作に従って内視鏡・メス・鉗子を動かして行う内視鏡手術です。
ダヴィンチは、低侵襲技術を用いて複雑な手術を可能とするために開発されました。高画質で立体的な3Dハイビジョンシステムの手術画像の下、人間の手の動きを正確に再現する装置です。術者は鮮明な画像を見ながら、人の手首よりはるかに大きく曲がって回転する手首を備えた器具(鉗子)を使用し、精緻な手術を行うことができます。ロボット支援手術は完全に医師の操作によって実施されます。
ダヴィンチ手術には以下のような特徴があります。詳しくはPDF資料もご参照ください。


 1.体への負担が少ない
 2.鮮明な3D(3次元)画像
 3.精密な動きを再現
 4.世界中で250万件以上の実績

ダヴィンチ連動手術台「TruSystem7000dV」日本初導入が決定

テーブルモーション機能(ITM:Integrated Table Motion)によりダヴィンチXiサージカルシステムが手術台(TruSystem700dV)と連動することで、より適切な術野を展開することができます。ダヴィンチのロボットアームが手術台のどの動きに対しても追従して動くので、術中にロボットアームを抜き挿しする必要がありません。
千船病院は手術台(TruSystem700dV)を日本で初めて導入決定いたしました。