logo

お問合せ窓口

【診療時間】平日/9:00~17:00 【休診日】土・日・祝

看護部のご紹介

教育体制

看護師のキャリアパスとクリニカルラダーの活用

急性期医療を提供する千船病院の看護師には、主体的に必要な能力を獲得していくことが期待されています。また、看護師がもつべき標準的な実践能力を可視化することが求められています。そこで、施設に求められている役割や機能を踏まえた教育の一環として、また、千船病院の特徴を踏まえ、個人の成長に必要な知識・技術を千船病院看護師クリニカルラダーとしました。

千船病院クニカルラダーの臨床能力と修得段階

1.臨床能力を構成する力

【看護実践能力】看護過程:情報収集・実施・記録、評価
【組織的役割遂行能力】リーダーシップ・社会性
【自己教育・研究能力】倫理・教育・研究
【マネージメント能力】医療安全・感染防止・災害、防災・情報管理・経済性

2.各修得段階における到達目標
レベルⅠ 基本的なケアマニュアルに従い必要に応じ助言を得て看護を実践する
レベルⅡ 標準的な看護計画に基づき自立して看護を実践する
レベルⅢ ケアの受け手にあう個別的な看護を実践する
レベルⅣ 幅広い視野で予測的判断をもち看護を実践する
レベルⅤ より複雑な状況において、ケアの受け手にとって最適な手段を選択しQOLを高めるための看護を実践する
3.クリニカルラダーレベル別研修の実際
新人看護職員臨床研修(レダーレベルⅠ研修)

【インプレイス期の輸液・シリンジポンプ研修】


【アクティブ期の身体侵襲が高い技術研修】


吸引

経管栄養浣腸


必要なアセスメントについては
指導者とともに振り返りをします

【チャレンジ期の救急救命処置研修】


成人系・周産期系に分かれて演習を行います




挿管の介助についても学びます