logo

お問合せ窓口

【診療時間】平日/9:00~17:00 【休診日】土・日・祝

研修医・専攻医募集

プログラム

社会医療法人愛仁会千船病院 臨床研修プログラム

卒後臨床研修評価認定病院

認定証平成28年2月1日に特定非営利活動法人卒後臨床研修評価機構の認定更新を受けました。認定期間は2016年2月1日から2020年1月31日までの4年間です。
卒後臨床研修評価認定病院


研修方式(予定)

  1. 研修方式と研修科

    スーパーローテート方式により2年一環で厚生労働省の定める研修を行う。尚、当院は基幹型臨床研修病院であり、精神科と地域医療のみ他施設で研修を行うが、選択科を含め他の全ての研修を当院において行う。

    必修科
    内科・救急・地域医療
    病院必修科
    外科・精神科
    選択科
    小児科、産婦人科、麻酔科、病理診断科・救急診療部・整形外科・泌尿器科・脳外科・眼科・耳鼻科・皮膚科・放射線科
    2年間で内科6ヶ月、救急部門3ヶ月、外科1ヶ月、精神科1ヶ月、地域医療1ヶ月を研修し、残り12ヶ月が選択科となる。 1年目の選択科は、病院必修科(外科、精神科)に加え、小児科、産婦人科、麻酔科から選択し、2年目の選択科は必修科と病院必修科に加え、小児科、産婦人科、麻酔科、病理診断科、救急診療部、整形外科、泌尿器科、脳神経外科、耳鼻咽喉科、眼科、放射線科、皮膚科の12科と地域保健を加えた科から選択する。

    当院における研修の特徴
    • 救急医療については、救急当番として2年の全期間研修する。特に救急部門の3ヶ月間は麻酔科において、気管挿管などの救急蘇生術を研修する。
    • 内科研修は、総合内科、循環器、消化器、糖尿病内分泌代謝、呼吸器、脳血管、腎臓(透析含む)を幅広く6ヶ月間研修する。
    • 小児科研修、産婦人科研修においては多数の分娩と、周産期医療を研修できる。
    • 外科、麻酔科研修では、心臓外科疾患以外の多岐に渡る症例の手術症例が経験できる。
    • 2年間で各病棟、外来、各検査室、処置室、手術室のほぼ全ての病院施設を研修する。
    • ベッドサイドテクニックを重視した実地医療を研修する。
    研修基本プログラム
    期間 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
    1年次 内科
    (6ヶ月)
    救急(麻酔科)
    (3ヶ月)
    選択科Ⅰ
    (3ヶ月)
    救急
    2年次 地域
    (1ヶ月)
    外科 
    (1ヶ月)
    精神科 
    (1ヶ月)
    選択科Ⅱ
    (9ヶ月)
    救急

    ※1年次、2年次の中でのローテーション順序は各々異なる。
    ※病院必修科:外科と精神科については、必須項目を経験するため2年間で必ず選択し、期間を追加して研修する場合は選択科の期間を利用する。
    ※選択科Ⅰ :1年目の選択科3ヶ月は、病院必修科に加え、小児科、産婦人科、麻酔科から選択する。1科目の研修期間は1ヶ月以上とする。
    ※選択科Ⅱ :2年目の選択科は、必修科と病院必修科に加え、小児科、産婦人科、麻酔科、病理診断科、救急診療部、整形外科、泌尿器科、脳神経外科、耳鼻咽喉科、眼科、放射線科、皮膚科の12診療科と地域保健を加えた科から選択する。ただし、症例経験への配慮は必要。
    ※地域医療 :在宅医療を含めた地域の診療所研修(開業医)とへき地の病院研修の2つの地域医療研修プログラムから選択でき、それぞれの医療現場を経験する。

  2. 協力型臨床研修病院および研修協力施設での研修

    精神科の研修は協力型臨床研修病院のさわ病院、有馬高原病院、白井病院で行う。地域医療の研修は研修協力施設である地域の診療所(千船クリニック【当院関連施設】、北野クリニック、福田診療所、波津診療所、辻診療所、くぼたクリニック、あずみクリニック、あかぎ小児科、田井内科クリニック、たかやま整形外科、近藤産婦人科、加島クリニック、森川医院)と、へき地の病院(公立神崎総合病院)の2つの地域医療プログラムから選択し研修する。

  3. カリキュラムの修正

    研修医は年度の区切りなどでプログラム責任者との面談により、習得度や希望に沿って研修する科や研修期間を変更することも可能である。

  4. 2017年度臨床研修プログラム

    2017年度臨床研修プログラム(pdf)


管理運営体制

  1. プログラムの管理運営体制

    本プログラムは病院長を委員長とする研修管理委員会によって管理・運営される。 プログラム参加施設については下記の通りである。

    基幹型臨床研修病院 社会医療法人愛仁会 千船病院
    協力型臨床研修病院
    • 社会医療法人北斗会 さわ病院
    • 医療法人寿栄会 有馬高原病院
    • 医療法人白卯会 白井病院
    研修協力施設
    • 千船クリニック
    • 北野クリニック
    • 福田診療所
    • 辻診療所
    • 波津診療所
    • くぼたクリニック
    • あずみクリニック
    • あかぎ小児科
    • 田井内科クリニック
    • たかやま整形外科
    • 近藤産婦人科
    • 加島クリニック
    • 森川医院
    • 公立神崎総合病院
  2. 研修管理委員会
    1. 研修管理委員会の役割
      • 本プログラムによる研修医の臨床研修目標の達成に責任をもつ。
      • 研修医の採用選考、研修カリキュラムの検討、研修指導医の決定を行う。
      • 研修施行に関する各施設および診療科への連絡、指導を行う。
      • 研修結果の評価と認定の指導を行う。
    2. 指導体制

      研修開始時に病院長は一貫した指導、評価が行われるよう配慮する。委員会はあらかじめ研修医の希望をもとに研修コースおよびローテーション科を決定する。研修開始時に当該科責任医長が全般的な研修指導を行い、研修指導医(原則として学会専門医で7年以上の臨床経験を有する医師)が直接実地の指導を行う。研修指導医が主治医となり、研修医は(主担当医)としてその指導の下に研修を行う。

    3. 指導医リスト

      指導医一覧表(pdf)

    4. 定員
      研修医定員数(予定)
      区分 定員
      1年次 7名
      2年次 7名
      合計 14名

      公募の有無及び研修プログラムの公表方法 本研修プログラムによる研修医募集は公募とし、臨床研修病院ガイドブックへの掲載や当院のホームページ等を通じて行う。


研修修了の認定及び証書の交付

2年間の研修修了時に研修管理委員会は総合診療方式における共通研修カリキュラム目標の達成度を判定し、院長に報告する。院長は研修修了と目標達成についての最終判定を行い、研修修了認定証を交付し、その結果について厚生労働大臣に報告する。


研修修了後の進路

2年間の研修修了後は、研修医の希望と法人の受入条件を鑑み、他施設に推薦するか、当法人施設の医員(専攻医)として採用するかを決定する。

このページの先頭へ