logo

お問合せ窓口

【診療時間】平日/9:00~17:00 【休診日】土・日・祝

各診療科専攻研修プログラム

千船病院「内科」専門研修プログラム

千船病院内科専門研修プログラム H30年度採用 専攻医募集!

「本研修プログラムは、一次審査を通過したものであり、まだ二次審査を踏まえて修正・変更があることをご承知おきください」


プログラム概要

大阪市西部医療圏の中心的な急性期病院である千船病院を基幹施設として、高槻病院、明石医療センター、神戸大学医学部附属病院、尼崎だいもつ病院、日高医療センターとで内科専門研修を行います。地域の実情に合わせた実践的な医療を行えるように研修し、基本的臨床能力の獲得後は必要に応じた可塑性のある内科専門医としての育成を目指します。初期臨床研修を修了した内科専攻医は、本プログラム専門研修施設群での3年間に、豊富な臨床経験を持つ指導医の適切な指導の下で、内科専門医制度研修カリキュラムに定められた内科領域全般にわたる研修を通じて、標準的かつ全人的な内科的医療の実践に必要な知識と技能とを修得します。


当院内科の特性

脳血管障害や循環器疾患、消化器疾患、代謝性疾患等の急性期治療はもちろんですが、千船病院は地域に根ざす第一線の病院でもあります。コモンディジーズや超高齢社会を反映し複数の病態を持った患者の診療経験も可能で、高次病院や地域病院との病病連携や診療所(在宅訪問診療施設などを含む)との病診連携も経験できます。また昨年より生体腎移植が開始され、その周術期管理といった専門的医療にも携わることができます。 連携施設、特別連携施設には、内科専攻医の多様な希望・将来性に対応し、地域医療や全人的医療を組み合わせて、急性期医療、慢性期医療および患者の生活に根ざした地域医療を経験できることを目的に、高次機能・専門病院である神戸大学医学部附属病院、地域基幹病院である高槻病院、明石医療センター、および都市部の地域医療密着型病院である尼崎だいもつ病院、および僻地部の地域医療密着型病院である日高医療センターで構成しています。 高次機能・専門病院では、高度な急性期医療、より専門的な内科診療、希少疾患を中心とした診療経験を研修し、臨床研究や基礎的研究などの学術活動の素養を身につけます。地域基幹病院では、千船病院と異なる環境で、地域の第一線における中核的な医療機関の果たす役割を中心とした診療経験をより深く研修します。また、臨床研究や症例報告などの学術活動の素養を積み重ねます。
地域医療密着型病院では、地域に根ざした医療、地域包括ケア、在宅医療などを中心とした診療経験を研修します。また、地域毎に特徴的な疾患への理解も深めることもできます。 研修期間は基幹施設2年間+連携施設・特別連携施設1年間の3年間になります。カリキュラムの知識、技術・技能を修得したと認められた専攻医には、希望に応じサブスペシャル領域専門医取得に向けた連動研修を積極的に支援します。
なお、内科合同カンファレンス(症例検討やアップデートな話題のレクチャー)、各サブスペシャル科での症例検討カンファレンス、救急症例カンファレンス、ICDレクチャー、研修医レクチャー、CPC、抄読会など専攻医のためのカンファレンスや勉強会は充実しています。

診療科目の体制
千船病院には総合内科、消化器内科、循環器内科、糖尿病・内分泌内科、腎臓内科、呼吸器内科、脳卒中内科があり、それ以外の疾患については連携施設にて研修を行います。千船病院には総合内科専門医が9名在籍しており、充分な指導医数が確保できています。また内科剖検数は2006年度から2015年度まで毎年10献体以上を確保しています。
       
病院名
総合内科
消化器
循環器
内分泌
代謝
腎臓
呼吸器
血液
神経
膠原病
感染症
救急
社会医療法人愛仁会千船病院
神戸大学医学部附属病院
社会医療法人愛仁会高槻病院
社会医療法人愛仁会明石医療センター
社会医療法人愛仁会尼崎だいもつ病院
×
×
×
公立豊岡病院組合立日高医療センター
×
×
×
各研修施設での内科13領域における診療経験の研修可能性を3段階(○、△、×)に評価しました。 〈○:研修できる、 △:時に経験できる、 ×:ほとんど経験できない〉
診療科の主な症例と症例数

※千船病院診療科別診療実績

2014年度実績
入院患者実数(人/年)
外来延患者数(延人数/年)
総合内科
119
26,625
呼吸器内科
121
4,269
消化器内科
808
10,160
循環器内科
765
20,659
脳卒中内科
99
- 
糖尿病・内分泌内科
290
14,624
腎臓・人工透析内科
369
22,802
救急科
0
5,877

内分泌、血液、アレルギー、膠原病(リウマチ)、感染症領域の入院患者は少なめですが、 外来患者診療を含め、1学年6名に対し十分な症例を経験可能です。

取得できる認定医/専門医資格

日本内科学会認定医、総合内科専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本循環器学会専門医
日本内分泌学会専門医
日本腎臓学会専門医
日本透析医学会専門医
日本糖尿病学会専門医
日本病態栄養学会専門医
日本がん治療認定医
日本アレルギー学会専門医
日本肝臓学会専門医

採用予定人数

6名

その他
他科研修の可能性

本人の希望を聞き相談

留学の可能性

なし

関連大学医局

神戸大学

専攻医修了後の進路

当院スタッフ、愛仁会の他病院の内科、大学病院など


募集要項と処遇

応募資格

各年度4月1日の時点で、医師法に定める2年間以上の初期臨床研修を修了する者。

研修期間

3年間

出願書類
出願及び採用時期
1次応募期間
10月1日
11月10日
1次面接期間
10月10日
11月14日
2次応募・面接期間
12月初旬
 

※応募受付後に、随時、面接日を決定致します
※募集定員に達したら終了致します。

選考方法

書類審査、面接試験

待遇
身分 常勤職員 (医員)

給与
(基本給)

  • 卒後3年目:月額320,000円
    卒後4年目:月額360,000円
    卒後5年目:月額400,000円
    ※賞与、諸手当別途支給
手当 住宅手当、家族手当、当直手当、通勤手当など規定により支給
賞与 年2回(7月、12月)平成27年度実績
  • ※初年度は夏0.27ヶ月+冬2.0ヶ月=2.27ヶ月(4月1日入職の場合)
  • ※2年目からは夏2ヶ月+冬3.0ヶ月=5.0ヶ月
休日 週休2日制(土・日)、祝日、有給・慶弔・特別休暇
社宅 希望により提供(当院規定により賃料半額補助)

※待遇は、法人施設(千船病院、高槻病院、明石医療センター、尼崎だいもつ病院)に在籍した場合による。その他の連携施設で研修する場合の処遇は異なる。

連絡先
  • 社会医療法人愛仁会 千船病院
  • 研修センター事務局 伊藤哲行
  • 〒555-0034 大阪市西淀川区福町3丁目2番39号
  • e-mail:sennofune@chp.aijinkai.or.jp
  • TEL:06-6471-9541
  • FAX:06-6474-0069

指導医・専攻医からのコメント

副院長・循環器内科部長/尾崎 正憲
  • 卒業大学/神戸大学
当院は大阪市西部医療圏に属する292床の急性期総合病院で、本年(2017年)7月に阪神本線の千船駅前から阪神なんば線の福駅前に移転してきました。旧病院から約1.5km南東に移動しましたが、駅から歩いて1分という立地条件は以前と変わりありません。急性期病院の規模としては若干小さいと思いますが、救急患者数は毎年15,000人程度(内科は約5,000人)と非常に多く、内科のコモンディジーズに関する診療は充実しています。来年度から始まる新内科専門医制度では当院のような急性期病院が内科全般を研修する上で好ましい病院ではないかと自負しています。また他科との垣根は低く対人関係も良好なため、他科診依頼も含めて診断から治療までスムーズに行えることが特徴かと思います。熱心な指導医も多く、やる気がある方ならば十分満足してもらえる環境かと考えています。専攻医は現在7名在籍し、総合内科的にローテートする先生や、各サブスペシャル科に徹して研修している先生など様々です。個々研修に対する希望や将来像も異なることから、先生方の希望に沿った3年間のプログラムを十分に検討して決めていきたいと思います。研修に関して疑問や質問があるようなら、いつでもご連絡ください。

糖尿病内分泌内科専攻医:広中 順也(2017年採用専攻医)
  • 卒業大学/神戸大学(H27年卒)
私は当院で初期研修を2年行い、その後、糖尿病内分泌内科で後期研修をしています。 当院の特徴として病床数に対する医師の数が多く、指導体制が整っていることが挙げられます。1つ1つの症例を深く学べ、また余裕があれば興味のある症例は他科の疾患でもみせてもらうことができます。また各科の先生方との垣根が低いのも当院の特徴だと思います。困った症例があればすぐに他科の先生方に相談にのってもらえる環境です。 2017年7月に新病院となり、上級医も尊敬できる先生ばかりで、非常に良い環境で研修を行うことができています。都会にも近く良い場所にあるのでぜひ一度見学に来てください。

消化器内科専攻医:名方 勇介(2017年採用専攻医)
  • 卒業大学/岩手医科大学(H27年卒)
当院にて後期研修を行っていくにあたって感じたことは個々の自主性に応じた指導体系が整っていることだと思います。当院では他科との垣根が低く、自科の症例において気兼ねなく相談でき多方面からの指導受けられることも利点と考えます。さらに、後期研修では専門診ではなく総合内科診であることも、専門診へ移行する前に内科医としての経験を積むことができることも当院ならではと思います。

循環器内科専攻医:栗本 浩行(2017年採用専攻医)
  • 卒業大学/弘前大学(H26年卒)
平成29年7月より新病院に移転となり、開放感のある、非常に綺麗な環境で毎日仕事をしています。 当院は300床ほどの中規模病院です。他の診療科との垣根は低く、気軽にコンサルトできたり、病院スタッフ全体の雰囲気はアットホームでとても仕事がし易いです。 中規模病院ではありますが、診療科は豊富で、専門性も高く充実した後期研修医生活を過ごしています。
内科の後期研修医は一般内科の外来を担当します。後期研修から専門の診療にかたよりがちですが、まだ診断のついていない状態から、自分でアセスメントとプランを立て、診療にあたることは内科医としてレベルアップできると考えます。困ったことがあったら、上級医からの丁寧なフォローがあるので、心配はありません。
後期研修の貴重な時期、当院で充実した研修をしませんか?

腎臓内科専攻医:天久 朝廷(2017年採用専攻医)
  • 卒業大学/京都大学(H21年卒)
腎臓内科志望ですが、腎臓疾患だけでなく内科全般を経験できる当院に興味を持ち見学に来ました。初期研修後に基礎研究をしていたため少しブランクがある状態での診療はとても不安でしたが、指導医の先生方がとても相談しやすい雰囲気を見て当院での研修を決めました。実際働いてからも、自分で考え調べながら治療方針を決定し、それを適宜上の先生に相談・フィードバックをもらうという形で充実した研修を行っています。

糖尿病内分泌内科専攻医:井上 真希(2016年採用専攻医)
  • 卒業大学/兵庫医科大学(H26年卒)
救急の当直は、一次から二次まで幅広くみることが可能であり、指導医のバックアップ体制が整っております。
総合内科の外来をすることで、幅広い経験を積むことができます。さらに、学年を積むと、専門外来も担当させてもらえます。新病院になり、職場環境がさらに快適になりました。まずは、見学に来てみて下さい。

消化器内科医:吉安 孝介(2013年採用専攻医)
  • 卒業大学/大阪市立大学(H23年卒)
2年間大阪市立大学で初期研修を行った後に、専攻医として勤務とすることとなりました。専攻医は外来をはじめて経験することとなる時期です。内科系プログラムでは総合内科外来を経験することができます。初診で様々な症状や検査異常をかかえてやってくる患者さんを診て、外来の基本を学ぶことができると共に、専門外来のバックアップもあるため専門的な勉強にもなります。消化器内科としては若手の先生方が多く、なんでも相談しやすい環境です。ESDやERCPなど専門的な処置にも積極的に取り組んでおり、非常に勉強となるいい環境だと思います。また、平成29年7月からは新病院に移転したことで、内視鏡室の設備がかなりよくなりました。一度見学に来ていただいて、気に入っていただければ是非一緒に働きましょう。

一つ前のページへ戻る

このページの先頭へ