logo

お問合せ窓口

【診療時間】平日/9:00~17:00 【休診日】土・日・祝

各診療科専攻研修プログラム

千船病院「小児科」専門研修プログラム

千船病院小児科専門研修プログラム H30年度採用 専攻医募集!

「本研修プログラムは、学会による一次審査を通過したものであり、機構による二次審査の結果、修正・変更があることをご承知おきください」


プログラム概要

当院小児科で1~2年の基本研修を行ったのち、神戸大学か兵庫医科大学か高槻病院のいずれかで血液疾患研修を含めた高度な小児科研修を、北播磨総合医療センターか六甲アイランド甲南病院で心身医学の研修を、明石医療センターか柏原病院か豊岡病院での地域医療の研修を必須としている。 また研修医の希望によっては、国立循環器病研究センターでの循環器疾患の研修、愛仁会リハビリテーション病院での療育の研修も可能としている。 病院もH29.7に阪神なんば線「福駅」前へ移転オープンし、スタッフの拡充を目的にやる気のある専攻医を募集いたします。



当院小児科の特徴

当院はNICUを15床有し、大阪府の地域周産期センターとして、新生児の高度専門医療を行っている。地域に根ざした病院として、common diseaseの診療、乳児健診、予防接種、小児救急医療等の基本的な研修に加え、アレルギー外来、神経外来、腎臓外来と国立循環器病研究センター小児循環器科医師による心臓外来、兵庫医科大学小児科医による代謝内分泌外来を専門外来として有していることから、幅広い疾患についても専門医の指導を受けることができる。当科は新生児医療と一般小児医療を分けずに研修を行っており、出生時より成人するまでの小児を区切ることなく診療できる。

診療科目の体制

研修1年目は、必ず指導医師のもとに診療を行い、2年目から主に主治医となり、診療にあたる。

診療科の主な症例と症例数
  • 極低出生体重児の入院数は年間約50例
  • 一般小児科の入院数は年間約500例
取得できる認定医/専門医資格
  • 小児科専門(3年間)
  • 新生児専門医(小児科専門医取得後3年後)
採用予定人数

3名

その他
他科研修の可能性

本人の希望を聞き相談

留学の可能性

本人の希望を聞き相談

関連大学医局

神戸大学

専攻医修了後の進路

当院スタッフ、大学病院、他病院など


研修施設群

本プログラムにおける研修施設群は下表のとおりです。
地域医療研修は、当院及び明石医療センター、柏原病院、豊岡病院で経験するようにプログラムされています。

基幹施設
千船病院
連携施設【グループA】
神戸大学
兵庫医科大学
高槻病院
連携施設【グループB】
北播磨総合医療センター
六甲アイランド甲南病院
関連施設【地域医療研修】
明石医療センター
豊岡病院
柏原病院
関連施設
国立循環器病研究センター
愛仁会リハビリテーション病院

募集要項と処遇

応募資格

各年度4月1日の時点で、医師法に定める2年間以上の初期臨床研修を修了する者。

研修期間

3年間

出願書類
出願及び採用時期
1次応募期間
10月1日
11月10日
1次面接期間
10月10日
11月14日
2次応募・面接期間
12月初旬
 

※応募受付後に、随時、面接日を決定致します
※募集定員に達したら終了致します。

選考方法

書類審査、面接試験

待遇
身分
常勤職員 (医員)
給与(基本給)
卒後3年目:月額320,000円
卒後4年目:月額360,000円
卒後5年目:月額400,000円
※賞与、諸手当別途支給
手当
住宅手当、家族手当、当直手当、通勤手当など規定により支給
賞与
年2回(7月、12月)平成26年度実績
• ※初年度は夏0.27ヶ月+冬2.0ヶ月=2.27ヶ月(4月1日入職の場合)
• ※2年目からは夏2ヶ月+冬3.0ヶ月=5.0ヶ月
休日
週休2日制(土・日)、祝日、有給・慶弔・特別休暇
社宅
希望により提供(当院規定により賃料半額補助)

※待遇は、法人施設(千船病院、高槻病院、明石医療センター、愛仁会リハビリテーション病院)に在籍した場合による。その他連携施設・関連施設で研修する場合の処遇は異なる。

連絡先
  • 社会医療法人愛仁会 千船病院
  • 研修センター事務局 伊藤哲行
  • 〒555-0034 大阪市西淀川区福町3丁目2番39号
  • e-mail:sennofune@chp.aijinkai.or.jp
  • TEL:06-6471-9541
  • FAX:06-6474-0069

指導医・専攻医からのコメント

副院長/小児科部長/指導医:吉井 勝彦
  • 卒業大学/高知医科大学
  • 専門/新生児医療
我々は「鉄は熱いうちにうて」と日々、先輩医師より研鑽をうけてきました。超人的な先輩医師より受け継いだ、技術、知識、感性を風化させることなく伝承し、motivationを高く持ち、17時までは若手医師と共に、エネルギーを昇華できればと思っております。

小児科専攻医:早島 禎幸(2008年度採用専攻医)
  • 卒業大学/奈良県立医科大学(平成16年卒)
私は5年目から千船病院で後期研修医として勤務しており、現在6年目になりました。当院小児科はNICU15床、GCU15床で主に新生児診療を中心としています。地域の周産期センターとして早産児、多胎児などの管理を行い、主治医として急性期治療から退院後の発達まで、小児科の醍醐味を味わうことができます。また、週3回の回診および毎朝の英語文献の速読、週2回のクリニカルカンファレンス、学会発表や地域での勉強会など、指導体制も充実しています。スタッフの雰囲気もよく、みんなで飲みにいって騒いだり語りあったりしています。ぜひ一度千船病院小児科を見に来てください。

小児科専攻医:黒川 大輔(2009年度採用専攻医)
  • 卒業大学/神戸大学(平成19年卒)
私は千船病院で2年間の初期研修を終え、引き続き小児科で後期研修を開始しました。当院は292床とやや小規模ですが、その分各科・各職種間の仲もよく、大変仕事がしやすい雰囲気です。 当院の小児科はNICU15床、GCU15床と大変充実しており、様々な新生児症例を経験することができます。また、一般外来や救急外来においては一般小児症例も豊富です。12人の常勤小児科医に加えローテートしてくる初期研修医も毎月いるために、カンファレンスや回診などの議論も活発で、日々勉強になります。大阪まで10分、神戸まで30分という立地条件もあり、様々な勉強会への参加はもちろんのこと生活面でもとても便利です。 なんといっても一番の特徴は、OnとOffがはっきりとしており、仕事中は真面目に、アフターファイブは楽しくとメリハリがしっかりついているところです。まだまだ伝えきれない魅力はたくさんあります。ぜひ一度見に来てください。

小児科専攻医:榎本 真由子(2013年度採用専攻医)
  • 卒業大学/久留米大学(平成23年卒)
私は後期研修医として千船病院で勤務させていただき、現在3年目になります。初期研修はたすき掛けで、1年目は当院で、2年目は神戸大学附属病院でローテートさせていただいていました。後期研修で当院を選択した理由は、もちろん小児科全体としての雰囲気の良さを1年目に実感していたことも大きいですが、新生児領域では地域の中核病院として数多くの症例を学べること、それと同時に一般・救急外来で小児科領域のcommon diseaseを初期対応から学べることにあります。中でも、早産児の出生後の管理から退院後の発達フォローまで主治医として経験できることにより、医師としての責任感を痛感すること、同時に児の成長の喜びを感じることができ、当院で研修を行っていてよかったと思います。また、他科との垣根も低く情報共有がしやすいことや、コメディカルの方々とも仲がよく、和気藹々と楽しく充実した研修を行えると思います。是非当院で小児科医として一緒に働いてみませんか?

一つ前のページへ戻る

このページの先頭へ