logo

お問合せ窓口

【診療時間】平日/9:00~17:00 【休診日】土・日・祝

診療部・技術部のご紹介

脳神経外科

脳神経外科とは、脳、脊髄、末梢神経などの病気を外科的に治療する診療科です。具体的には、頭痛、めまい、手足のしびれや痛み、麻痺、物が二つに見える、歩行時ふらつく、記憶が悪くなった、失禁するようになったなどの症状がある患者さんの中に、脳、脊髄、末梢神経などの疾患が見つかることがあります。
その様な症状のある患者さんに対する治療の基本は、症状が何によって生じているものなのかを神経学的所見(診察)や画像検査によって正しく診断し、その後に治療法を選択することです。その病気がお薬などによる保存的治療で治るものであれば良いのですが、薬だけでは治療が困難な場合や、普段の生活に支障をきたす場合には手術的な治療が必要になることがあります。このような患者さんを脳神経外科で治療しています。

診療体制

診療日
                   
 
209 午前 諏訪 諏訪 朝田 諏訪 朝田
午後朝田諏訪担当医諏訪朝田
203 午前
午後
松田(健)
担当医
  • 主任部長:諏訪 英行
  • 部長:朝田 雅博
  • 医員:松田 健一
資格
  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 日本脳卒中学会認定医
  • 日本脊髄外科学会認定医
  • 日本救急医学会救急科専門医

脳神経外科で治療可能な疾患と外科治療法

当科で治療可能な疾患、外科治療法は下記の通りです。

  • ☆くも膜下出血(破裂脳動脈瘤)、  未破裂脳動脈瘤に対する開頭動脈瘤ネッククリッピング術、  血管内手術:2014度から全例兵庫医科大学脳神経外科に搬送して治療

  • ☆脳梗塞予防のための血行再建術(バイパス術、頚部頚動脈血栓内膜剥離術)

  • ☆急性期脳梗塞:血栓溶解療法、血管内治療(兵庫医科大学に直送)

  • ☆良性脳腫瘍:下垂体腫瘍、聴神経腫瘍、髄膜腫などの摘出術

  • ☆外傷性、高血圧性などの頭蓋内出血に対する開頭血腫除去術

  • ☆慢性硬膜下出血に対する穿頭術

  • ☆脊髄・脊椎手術:  頭頚移行部病変に対する固定術
     頚椎椎間板ヘルニアに対する前方固定術、  頚部脊柱管狭窄症に対する椎弓形成術、  胸椎黄色靭帯骨化症に対する骨化巣摘出術、  腰椎椎間板ヘルニアに対するヘルニア摘出術、  腰部脊柱管狭窄症に対する部分椎弓切除術、  腰椎すべり症に対する内固定器具による固定術、  脊髄空洞症に対する大孔減圧術など  脊髄腫瘍摘出術

  • ☆末梢神経障害:手根管症候群、尺骨神経麻痺、腓骨神経麻痺に対する神経除圧術

  • ☆機能的脳神経外科:  三叉神経痛、顔面痙攣に対する微小血管神経減圧術、  難治性疼痛に対する脊髄硬膜外電気刺激療法、水頭症に対するシャント術  水頭症に対するシャント術(V-Pシャント術、L-Pシャント術)  くも膜のう胞に対するのう胞開放術、C-Pシャント術

これらの手術は殆どの場合、手術用顕微鏡を使用し、出来るだけ体に負担の少ない(低侵襲)手術を心がけています。
また、脊髄・脊椎手術では、脊椎骨(いわゆる背骨)の中にある脊髄やそこから枝分かれした神経の圧迫を取り除くことを目的としています。骨の一部を削ることになりますが、手術の目的は神経の圧迫を取り除くことであって、背骨の手術ということではありません。脳の手術でも、頭蓋骨を外したり、削ったりして行いますが、頭蓋骨の手術とは言わないのと同じです。ただ脊椎骨の場合は体を支えるという重要な役割があります。そこで顕微鏡を用いることにより、手術の創も小さく、体を支える組織を出来るだけ傷めないような低侵襲手術を心掛けていますし(低侵襲手術)、必要な場合には固定術も行います。

また、脳の働きに支障を来たす認知症の多くはお薬でその進行を抑える内科疾患が主ですが、中には外科治療で改善する認知症もあります。その主な疾患は慢性硬膜下血腫や水頭症、一部の脳腫瘍、脳循環障害による脳血管性痴呆などです。認知症の場合、必ず画像検査を行いますので外科治療に適した患者さんを見逃すことはありません。最近物忘れが目立って多くなり心配と思われる方は、一度脳神経外科あるいは脳卒中内科の受診をお勧めします。

脳神経外科の新たな取り組み

脳梗塞の治療は時間との戦いです。治療開始が早ければ早いほど回復する可能性が高くなります。一度脳梗塞に陥ると、その部分の脳細胞は死滅し、復活することは困難です。

千船病院では脳卒中患者を24時間体制で受け入れ、治療しています。特に急性期脳虚血患者については千船病院で血栓溶解療法を開始しながら兵庫医科大学に救急搬送し、さらに高度な血管内治療が受けて頂けるようになりました。急に手足の力が入らなくなった、しゃべりにくくなった、目が見えにくくなったなどの症状が出たら、様子を見るのではなく、直ぐに救急要請(119に電話)をして千船病院急患室を受診して下さい。

手術例
2016年
脳血管障害
脳内出血
2
くも膜下出血
1
未破裂脳動脈瘤
4
頚動脈内膜剥離術
4
バイパス術
8
血管内手術
1
脳腫瘍
髄膜腫
5
転移性脳腫瘍
2
脊髄脊椎
頚椎前方除圧術
6
頚椎椎弓形成術
19
胸椎黄色靭帯骨化症
1
腰椎椎間板ヘルニア摘出術
1
腰椎部分椎弓切除術
3
脊髄腫瘍摘出術
1
脊髄硬膜外膿瘍/血腫
1
環軸椎亜脱臼
1
機能外科
水頭症
4
難治性疼痛
1
末梢神経除圧術
5
頭部外傷
急性硬膜下出血
3
急性硬膜外出血
1
慢性硬膜下血腫
29
陥没骨折
1
頭蓋形成術
5
その他
13
合計
122