logo

お問合せ窓口

【診療時間】平日/9:00~17:00 【休診日】土・日・祝

診療部・技術部のご紹介

リハビリテーション科

各科の多様な疾患に対して、医師の指示のもと、リハビリテーション(理学療法・作業療法・言語療法)を展開しています。

概要

理学療法(PT)

理学療法(PT) 患者様が日常生活をスムーズに行えるよう、起き上り・立ち上り・歩行・階段昇降等の基本的な動作能力の改善・獲得を目的としています。
また、寝たきり等ベッド上から移動できない患者様に対しては、スタッフが病室まで赴き、関節が固くなってしまわないように関節を動かしたり、筋力の低下防止及び改善等を行い、患者様の早期離床、介助者の介助量軽減を促進していきます。

作業療法(OT)

作業療法(OT) 「作業」とは、身の回りの動作・日常生活動作・仕事・遊びなど、人間が行うあらゆる活動を言います。これらの「作業」を使って、心身ともに健康的な生活を送れるように患者様やご家族様と協力して練習を行っていきます。
具体的には、起き上がり・寝返り・立ち座りなどの身の回り動作や食事・トイレ・着替え・整容・入浴などの日常生活動作の練習を行ったり、家事や復職などに対しても関わっています。また、住宅改修の援助、福祉用具の選定、装具自助具の選定・作成も行います。

言語療法(ST)

言語療法(ST) 脳梗塞後遺症・中枢神経疾患等により、言葉が話し難くなったり、飲食物の飲み込みが悪くなった患者様に対して、よりスムーズなコミュニケーションの実現、安全な摂食行為の獲得を目指し、評価・訓練・指導を行ないます。
また、退院後のより安全な生活にむけ、患者様やご家族様の相談に応じ、適切な助言援助を行います。

リハビリテーション診療時間

9:00~12:00 13:00~17:00
*日曜・祝日は休診

その他

在宅への取り組みとして、退院前の自宅訪問、住宅改修の提案、退院後の在宅訪問リハビリテーション指導管理などを積極的に行い、病院から自宅へのスムーズな退院へむけて努力しています。
また、訪問看護ステーション「ほほえみ」と連携した訪問リハビリも行っています。

理学療法

当院の理学療法の特徴

急性期病院における役割を担うべく、早期の理学療法の介入を積極的に行っています。
また、糖尿病教室・NST(栄養管理チーム)・緩和ケアチームなど、院内の活動に幅広く理学療法士が携わっています。さらに、症例検討会やカンファレンス、ディスカッションを通じて、チーム全体でそれぞれの患者様と関わることを志しています。

当院の理学療法の特徴 当院の理学療法の特徴 当院の理学療法の特徴
対象者

骨折や腰痛・術前後などの整形外科疾患、脳梗塞などの脳血管障害等、糖尿病や呼吸器疾患、心疾患などの内科疾患、外科の術後や、新生児など

施設基準

運動器Ⅰ
呼吸器I
心大血管I
脳血管Ⅰ


作業療法

当院の作業療法の特徴

脳血管疾患等では患者様の状態に応じて、早期介入から早期離床をはかりながら、麻痺により機能が低下している部分の機能改善や残された機能を用いながら、日常生活動作の再獲得を図っています。
さらに廃用症候群や認知症疾患等を予防して早期の在宅復帰、社会復帰のお手伝いをします。運動器疾患では上肢・手指外傷後の「useful hand(使いやすい手)」の獲得を目指して、ハンドセラピィを行っています。

当院の理学療法の特徴 当院の理学療法の特徴 当院の理学療法の特徴
対象者

脳血管障害(脳梗塞・脳出血等)、神経筋疾患(パーキンソン病等)、高次脳機能障害(失認・失行症等)、運動器疾患(手や肘・肩の骨折、末梢神経損傷、脊髄損傷等)

施設基準

脳血管Ⅰ
運動器I


言語療法

当院の言語療法の特徴

急性期病院として、発症直後のコミュニケーション機能・摂食嚥下機能の評価、有効なコミュニケーションツールの獲得、などの言語療法を中心に展開しています。さらに、口腔衛生及び機能改善のアプローチにも力を入れています。

また、栄養管理科と連携し、患者さまに適したより安全な形態の食事提供を目指し、院内NST活動にも参加しています。
摂食嚥下機能の評価としてVF(嚥下造影)検査も実施しています。

当院の言語療法の特徴 当院の言語療法の特徴 当院の言語療法の特徴
対象者

脳梗塞など脳血管障害、パーキンソン病など中枢性疾患の主に成人の患者様が中心

施設基準

脳血管Ⅰ
摂食機能療法


担当医

副院長:清水 富男

資格
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本リウマチ学会専門医
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医
  • 日本整形外科学会運動器リハビリテーション認定医
  • 兵庫医科大学学外臨床実習教授