logo

お問合せ窓口

【診療時間】平日/9:00~17:00 【休診日】土・日・祝

診療部・技術部のご紹介

臨床検査科

臨床検査科では、患者様の血液や尿などを調べる「検体検査」と心電図や超音波検査などの「生体検査」を行っています。臨床検査科は365日24時間体制をとっており、患者様の早期治療や診断に役立っています。

検体検査

生化学検査

血液中の各種酵素、電解質、血糖値、蛋白、などを測定します。これらを測定することによって、それら由来の各臓器の疾患や機能障害、糖尿病などの診断に役立ちます。一般的に一番行われる検査です。至急で依頼があった場合は、一部の項目に限っては約1時間で結果を報告できます。
使用機器…東芝メディカルシステムズ TBA2000FR

血液学検査

血液学検査には、血球検査と凝固検査があります。血液中に存在する赤血球・白血球・血小板の数を測定し貧血や白血病、血栓症などを診断したり、白血球の種類を分類し、感染や病気の状態を予測したりするのが血球検査です。凝固検査は、血液が固まる時間を検査して出血しやすい状態か血栓が出来やすい状態か診断したり、手術前に血液凝固機能が正常かを確認するためにします。
使用機器…シスメックス XN2000,CS1600

免疫学検査

インフルエンザウイルス、アデノウイルスなどのウイルス抗原検査や、風疹・麻疹・肝炎ウイルス、梅毒、HIVなどの抗体検査などを検査したり、癌診断に必要な腫瘍マーカーやアレルギー検査なども行います。
使用機器…ロシュ・ダイアグノスティックス codas e411

尿一般検査

尿中のpH、蛋白質、血液、ブドウ糖など測定したり、尿の沈殿物を顕微鏡で調べ、赤血球や白血球、細菌、細胞などの有無を確認したりします。腎機能障害や膀胱の炎症、肝臓疾患、糖尿病などの診断に役立ちます。その他に尿中のホルモン量を測定し、妊娠の有無や排卵の時期などの判断にも利用されます。
使用機器…栄研化学 US3500、シスメックス UF1000i

輸血検査

ABO式、Rh式の血液型を調べたり、血液中にヒトの赤血球に対する抗体があるかどうか、またその抗体の種類も調べます。輸血は手術や治療などに欠かせない医療です。その輸血をする前に、輸血に使う血液が輸血を受ける方の血液と適合するかどうかの交差適合試験を行います。
使用機器…イムコア ECHO

細菌検査

体内から排出・採取された尿や便、喀痰などさまざまな材料の中にどのような細菌が存在するかを、標本染色して観察したり、寒天培地で培養させたりして同定します。また、同定された細菌にはどの薬が効果的かを調べる検査もします。この検査により、的確な薬の処方が行われ、他の人への感染が防止されます。

病理検査

病理検査とは、身体から採取された細胞や組織を肉眼や顕微鏡で観察して病気、特に悪性腫瘍の診断を行う検査です。悪性腫瘍では、どの程度のレベルまで進行しているかまで診断されます。亡くなられた方の生前の診断や治療の検証や、同じ病気の方の今後の医療に役立てるため病理解剖を行います。また手術中に立会い、手術で摘出した臓器の一部をその場で検査し、適確に摘出する場所を判断する手助けも行います。
使用機器…サクラファインティック DRS-Prisma-JOD-H、VIP6-AI-JO

生体検査

心電図検査

心臓が鼓動を打つために発生する微弱な電気信号を、体表面につけた電極から波形として検出し、その乱れなどから心臓の病気の兆候などを読み取ります。この検査では、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患や、不整脈、心臓肥大、心膜炎、冠動脈不全、高血圧症、動脈硬化症などの診断補佐ができます。
使用機器…日本光電 ECG1450、ECG2550

超音波検査

臓器や組織の境目で反射する性質がある超音波を使って、体外から放射させ、返ってきた反射波を受信し画像として映し、体内の状況を見る検査です。心臓超音波検査では、心臓の形状や実際の動きが観察でき、心臓弁膜症や心筋梗塞、狭心症、大動脈瘤、心膜炎などが見つかります。腹部超音波検査では、腹水や出血、ポリープ、結石などが画像化され、肝硬変、腎臓や胆嚢などの疾患、前立腺肥大などが見つかります。
使用機器…日立アロカ Asceudus、横河GEメディカル Vivid7

肺機能検査

肺機能検査には、肺活量検査と努力性肺活量検査があります。肺活量検査は、吸気肺活量と呼気肺活量を測定し、その実測値と、年齢・体格から決まっている予測肺活量との比較により、肺線維症などの肺の障害や気管内異物など気道系の障害、脳出血など脳の障害などを予測する検査です。努力性肺活量検査は、最大吸気位から一気に最大呼気位まで呼出させて、気道の狭窄や肺の弾性収縮力低下など予測する検査です。
使用機器…チェスト DISCOM21FXⅢ

血圧脈派検査

両手、両足首の血圧、脈圧、脈拍数を同時相で測定することにより、動脈壁の硬さや動脈硬化による狭窄、閉塞の状態を確認するための検査です。同時に心電図、心音図、脈波図なども測定し、それらの結果も総合して判断され、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞または糖尿病の合併症などの発生の目安にもなり治療の必要性も判断できます。
使用機器…オムロンコーリン BP203PREⅢTBI

脳波検査

脳の神経細胞の活動によって生じる微弱な電流を頭皮に付けた電極で検出し、波形として記録したものが脳波です。脳波検査は、外部からの電気的交流が遮断された部屋で行います。波形の異常により、てんかん、脳梗塞、脳損傷、脳血管障害などが予測でき、これらの診断に重要な検査です。
使用機器…日本光電 EEG1218

聴性誘発電位検査

聴性誘発電位とは、外部から音刺激をして聴覚神経脳幹部聴覚路から誘発される電位で、潜時が10msecまでの早期成分を聴性脳幹反応(ABR)、潜時10~~50msecの中間成分を聴覚中潜時反応(MLR)、潜時50msec以降の緩徐成分(SVR)とに分類されます。障害部位に由来する波形において、潜時の延長、消失が見られ、特に小児の難聴(先天性、感染性、心因性など)等の診断の為に検査されます。
使用機器…日本光電 MEB2306

眼底・眼圧検査

眼底検査は、眼球の奥の網膜や脈絡膜、血管・視神経の出入り口を撮影し、そこに現れる症状から網膜剥離、視神経疾患、糖尿病性網膜症、くも膜下出血、硬膜下出血、脳腫瘍、動脈硬化、高血圧症などが発見できます。眼圧検査は、眼球内の圧力を調べる検査です。ごく短時間空気を噴出して瞬間的に角膜を圧平し、圧平に要した時間から眼圧を換算する検査で、緑内障や網膜剥離、脈絡剥離などの診断に利用されます。
使用機器…ニディク AFC-230、興和社 KT500

資格取得

超音波検査士 国際細胞検査士 特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者 認定心電図技師 中級バイオ技術者 二級甲種臨床検査士