OPEN

CLOSE

診療部 ― 婦人科

卵巣腫瘍の治療

卵巣腫瘍の治療

卵巣に出来る腫瘍を卵巣腫瘍と言い、良性腫瘍と悪性腫瘍に分けられます。卵巣腫瘍の80%以上が良性腫瘍と言われています。良性腫瘍は多くが卵巣の一部が袋状とな り液状の内容物が詰まったのう胞性腫瘍で、卵巣のう腫ともいいます。 内容物によって漿液性のう胞腺腫、粘液性のう胞腺腫、皮様のう腫(成熟のう胞性奇形腫)、チョコレート嚢腫などに分けられます。チョコレート嚢胞については子宮内膜症のページをご覧ください

症状

月自覚症状はあまり無いことが多いですが、ある程度の大きさになるとお腹の膨満感、頻尿、腰痛などの症状がでることもあります。のう腫がねじれたり(捻転)、破裂することによって急激な腹痛が出現し、緊急手術が必要となることがあります。

治療方法

診断は一般的に内診、超音波、骨盤MRIやCT、腫瘍マーカーなどで行います。
チョコレートのう腫以外の卵巣のう腫を縮小させる薬物療法は現在のところ存在しません。また、卵巣腫瘍が良性か悪性か判別するためには検査である程度予測はできますが、最終的には手術によって摘出した腫瘍を顕微鏡で観察する病理診断で行うことになります。
手術療法には腹腔鏡下手術と開腹手術があります。卵巣嚢腫の手術はほとんどが腹腔鏡下手術で行うようになっています。腹腔鏡下手術は痛みが少ない・日常生活への復帰が早い・傷が小さい・手術による癒着が少ないなどのメリットがあります。
当院は腹腔鏡下手術を積極的に取り入れており、大きなのう腫でも患者さんの負担が少なく美容面でも優れた手術を行うように努めています。ただし、悪性が疑われる場合は積極的な腹腔鏡下手術は勧めません。
また、妊娠中に手術が必要な卵巣のう腫が見つかることがありますが、当院では妊娠経過に与える影響を最小限にするよう手術方法の工夫や術後管理を徹底して行っています。妊娠中の卵巣のう腫手術の実績も多数あるため、一度ご相談ください。