OPEN

CLOSE

診療部 ― 整形外科

特色

整形外科の特色

整形外科とは四肢の骨、関節、筋肉、腱、靱帯(じんたい)、神経など、身体の運動にかかわる器官の病気を扱う診療科です。

スポーツ傷害や交通外傷、労働災害などに代表される打撲、捻挫、骨折などの外傷(ケガ)はもちろんのこと、加齢に伴う関節疾患(変形性関節症)、骨粗鬆症、関節リウマチ、痛風、運動器の腫瘍、運動器の先天異常など先天性疾患など、新生児時から老年まで幅広い患者層を診ます。

整形外科の中にも多数の専門分野があり、下肢を扱う「股関節外科」、「膝関節外科」、「足の外科」、上肢を扱う「手の外科」と「肩関節外科」、スポーツによるけがや障害を扱う「スポーツ外科」、 関節リウマチなどを扱う「リウマチ外科」、小児特有の疾患を扱う「小児整形外科」、骨粗鬆症などを扱う「骨代謝外来」、背骨と脊髄を扱う「脊椎外科」、腫瘍(できもの)を扱う「骨・軟部腫瘍外科」などがあります。

関節センターを併設

加齢に伴う関節疾患(変形性関節症など)やスポーツなどによる関節の特殊な治療を要する外傷(軟骨障害や靱帯損傷など)を専門的に診断・治療するために、「関節センター」を併設しております。 詳しくは「関節センター特設ページ」をご覧下さい。

迅速な外傷(ケガ)の対応

西淀川区で唯一の急性期病院として、骨折などのケガに素早く対応しています。 ※手術の有無にかかわらず症状が安定すれば、リハビリを主に行う病院や療養型の病院、施設への転院をしていただくことがございます。 その際には当院の福祉スタッフがお手伝いさせていただきます。

在籍医師の専門を活かした専門外来診療

整形外科にはたくさんの専門分野に分かれています。当院に在籍する整形外科医師の専門分野を発揮して地域に貢献しています。現在は、「変形性関節症」、「スポーツ傷害」、「小児整形外科」、「リウマチ性疾患」の専門外来診療を行っています。

チーム医療で行うリハビリ

整形外科が扱う病気やケガの治療は、運動器官の機能障害を回復させて、社会生活への復帰を最終目的とするので、リハビリテーションと密接な関係があり、当院でもリハビリテーション科を併設しております。

専門性ある大学病院や他病院との連携

診断や治療に難渋するような時など、他院でのより高度な検査や専門的な治療が必要な時は、大学病院を含む専門病院へ円滑にご紹介します。

地域医療機関との連携

診療所などの周囲の地域医療機関から頼れる急性期総合病院であることを心がけています。紹介状をお持ちの方には当科の受診を優先的にご予約頂けるようにしています。