OPEN

CLOSE

診療部 ― 消化器内科

苦痛のない内視鏡検査

上部消化管内視鏡検査

一般に胃カメラ検査といわれる検査で、喉の麻酔を行ったのち、口から胃に内視鏡(スコープ)を挿入し、咽頭・食道・胃・十二指腸を観察します。口から挿入する経口内視鏡検査のほか、スコープを鼻から挿入する経鼻内視鏡検査も行っています。経鼻内視鏡検査は、スコープ径が細いため咽頭の苦痛や嘔吐反射が比較的少ないとされていますが、画質が悪いことや止血処置などの各種処置具が使えないことが欠点です。

検査時の注意事項

  • 消化器内科受診時に検査予約をお取りします。症状が強い場合などは、医師との相談のうえ、当日検査にも対応しています。当日検査を希望される場合は、絶食でご来院ください。ただし当日の検査状況によりご希望に沿えないこともありますので、ご了承ください。また開業医の先生より検査予約をしていただくオープン検査にも対応していますので、検査予約のためにだけ受診していただく手間が省けます。
  • 検査前日の夜9時以降から検査当日まで絶食が必要となります。検査当日は絶食となるため、検査は午前中に行います。

大腸内視鏡検査

検査前日および検査当日に当院指定の下剤を服用していただき(大腸前処置)、肛門から内視鏡を挿入し大腸全体を観察します。基本は予約検査となりますが、下血・血便により当日の検査を医師が必要と判断した場合は、簡易の前処置により全大腸の半分程度となるS状結腸までの観察を行うS状結腸内視鏡検査も行っています。

検査時の注意事項

  • 基本的には予約検査となり、一度外来診察を受けていただいたうえで、医師が必要と判断した際に検査予約を行います。
  • 検査前日および検査当日に当院指定の下剤を服用していただきます。

小腸内視鏡検査・カプセル内視鏡

炎症性腸疾患の診断や、原因不明の消化管出血の小腸精査のために、小腸内視鏡検査を行っています。前処置の必要性や検査時間の調整が必要となることもあり、完全予約検査としています。また小腸疾患のスクリーニングとしてカプセル内視鏡検査も行っています。

検査時の注意事項

  • 完全予約検査となります。一度外来診察を受けていただいたうえで、医師が必要と判断した際に検査予約を行います。

鎮静下検査(セデーション検査)

内視鏡検査は生体内に内視鏡機器を挿入していくため、高度な技術や最新機器を駆使しても多少の苦痛を伴います。基本的には通常の内視鏡検査をお勧めしますが、苦手な方や過去つらい思いをされた方には、鎮静剤を使用して眠っている間に検査を受けていただくセデーション検査(鎮静下検査)も行っています。鎮静剤の副作用である呼吸抑制・血圧低下に注意しながら行いますが、鎮静効果が覚めるまで検査後1時間程度休んでから帰宅していただきます。

検査時の注意事項

  • 基本的に予約検査となり、一度外来診察を受けていただいたうえで、医師が必要と判断した際に検査予約を行います。
  • 検査当日は自転車および自動車の運転ができないため、電車やタクシーなどの交通機関をご利用のうえご来院ください。
  • 鎮静が覚めてからもふらつく場合があります。特に高齢の患者さまは、付き添いの方がおられるほうが望ましいです。
  • 検査結果については、当日の記憶があいまいとなることが多いため、後日に説明させていただくことをご理解願います。

超音波内視鏡検査(EUS)

腸管の壁の厚みや腫瘍の拡がりをより正確に診断するために行うのが超音波内視鏡検査です。たとえば胃癌検査の場合、早期癌か進行癌かの判断だけでなく、早期癌に対して内視鏡的切除が可能かどうかの診断を行っています。また、腸管外の腫瘍(たとえば膵腫瘍、胆道腫瘍)などの詳細な診断も可能です。各種胆道疾患や膵疾患の検査としても有用であり、各種胆道ドレナージ・膵嚢胞ドレナージといった治療にも活用しています。超音波内視鏡検査は検査時間が長く、特殊な内視鏡を使用するため、検査は必ずセデーション(鎮静剤)を使用して行います。

  • 基本的には全例鎮静剤(セデーション)を併用して行いますので、検査後30分〜1時間ほど休んでいただく必要があります。なお当日は検査終了後も自動車・二輪車の運転ができませんので、ご自分で運転しての来院はご遠慮ください。 検査前日の夜9時以降から〜(上部消化管内視鏡と同じ)
  • 検査前日の夜9時以降から検査当日まで絶食が必要となります。検査当日は絶食となるため、検査は午前中に行います。